一人暮らし 炊飯器

一人暮らしにちょうどいい炊飯器にはいろいろな物があります。

一般的に一人暮らしをするときの炊飯器の大きさは3合炊きがちょうど良いといわれています。

炊飯器の種類には「IH」と「マイコン」という2種類があります。

「IH」は電磁力によって内釜全体に熱が通る炊飯器で、炊きムラがなくふっくらとしたご飯を炊くことができます。

「IH」の炊飯器にもさまざまな機能があって、炊飯時間を短縮できる「圧力IH炊飯器」、給水時間を必要としない「超音波IH」、お米一粒一粒をしっかりと
炊くことができる「スチームIH」などの種類があります。

値段は平均で1万2千円前後でIHの炊飯器を購入することができます。

「マイコン」という種類の炊飯器は、釜の底にヒーターがついていて、ヒーターが過熱されて内釜に熱を伝えることでご飯を炊くことができる炊飯器です。

釜全体に熱を伝える力が弱く、ヒーターの当たっている部分とそうでない部分で炊きムラがでてしまう場合があります。

現在はIHが主流ですが、一人暮らし向けとされる炊飯器にはマイコンもあります。

マイコンは値段が手ごろで、3合炊きの炊飯器が5千円前後で購入することができて、軽量で機能がシンプルでデザインも質素なものが多いです。

値段の安さにこだわるならマイコンがいいかもしれません。
自分の生活スタイルに合わせて炊飯器を選ぶのがいいでしょう。





PR 広告スペース
Y下-7グループの広告

Drupalでサイト構築